mineoの口コミその3

キャリアのスマホに大金を払うのがいやだったため、私は長い間ずっ~とガラケーのユーザーでした。

しかし、長年使っていたガラケーもメインで使うには古くなり、動作も怪しくなってきたため、
いまさら新しいガラケーを買うのもなんだな~と思い、ここは思いきって格安SIMでスマホデビューする事にしました。

運よく見つけたキャリアの縛りのある中古の「iPhone6」を安価で購入することはできたのですが、このiPhoneの縛りのキャリアがauだったため
使える格安SIMを提供している会社が少なく、その中でも音声通話なしのSMS付で3GB月々900円のプランを提供している
mineoという格安SIM会社がサービスも良さそうだったため、申し込んでみました。

月々の通信料金や初期費用については申し分ないのですが、格安SIMなので不安だったのはどのくらいの速度がでるのかという通信速度や電波の状態でした。

しかし、格安SIMのmineoから届いたSIMを用意しておいたiPhone6に差し込み、wi-fiを切って4G回線の感度を試してみたところ、
自宅のWi-Fi使用時と、ほぼ変わらない速度を体感する事ができ大変驚きました。

mineoは「mineoエコスイッチ」というアプリをアップルストアやGooglePlayで無料配信しており、そのアプリをインストールすると、データ通信速度をワンタップで制限できたり、今月の残データ容量が一目でわかるので、とても便利です。

また、mineoの場合、当月の使い切れずに残ったデータ容量は次月に持ち越せ、更に「マイネ王」という独自のコミュニティサイトもあり、そこでは自分の余ったデータを寄付したり、
足りない場合は寄付のデータからチャージする事などができます。

私は格安SIMのmineoを使用を始めて半年ほど経ちましたが、格安SIMに大変満足しています。

mineoの口コミその2

節約のため20年間の長い間契約していたドコモを解約し、mineo(ケイ・オプティコム)という会社の格安スマホに移行しました。

情報をインターネット等で集めて、自分で切り替え作業をするのが少し不安でしたが、携帯代がドコモに比べて1万円近くも節約できる計算だったので、自分で何とか調べながら手続きをしました。

まずはドコモの解約にひと手間かかりました。
妻の私が家族で使っているファミリー割引のメイン回線になっていたので、回線のメインを夫に変更し、自宅のドコモ光とのセット割も一度切り離す手続きをして、ようやくMNP予約番号をゲットする事ができました。

その後、amazonでmineoの切り替えの際の割引パスワードを909円で購入し、mineoの「Dプランデュアルタイプ」というプランを申し込みました。

たくさんある格安SIM会社の中から私がmineoに切り替えた最大の理由は、私が申し込みした当時は「半年間基本料金が半額!」というなかなかお得感があるキャンペーンをしていたことと、いずれ「ファミリータイプ」なども充実してくる感じがあったので、ネットの口コミも参考に格安SIMmineoを選びました。

また我が家の近くにPCデポがあるので、何か不明点が出た場合はmineoの相談窓口として行けるのもありがたかったです。

格安SIMの難点は、多くの格安SIM会社が基本的に店舗がないのでスマホが壊れたり、操作が不明な時にどうすればよいのか、わからなくなってしまうところだと思います。
なので自分がスマホの知識をつけ、情報収集を徹底すれば何とかなると思って切り替えたのですが、夫はドコモのまま残してもらおうと思っています。

というのも仕事で電話を使うので、電話代を考えるとドコモの方がよいことと、子どもたちがいずれ子供用の「キッズ携帯」を持ったときに、ドコモ同士でないとGPS機能が使えないので、夫は仕事、家族的にドコモのまま、私は節約の一環で格安スマホにしたという感じです。

実際、格安SIMのmineoに切り替えてから通信費用の金額は驚くほど下がりました。
今まで12000円くらいかかっていましたが、なんとmineoからの請求額は初回はたったの「798円」でした。

通話は「楽天電話」というアプリを入れたことによって、「30秒10円」で利用していますが、私の場合ほとんど使わない(ネット閲覧がメインで友人とはLINEでやりとりが多い)ので、合わせても1000円くらいです。

ドコモに比べてなんと1/10に節約できたことを考えると、キッズ携帯の問題や、LINEのID検索ができないこと、店舗がない分知識が必要になる点などを差し引いても、格安スマホのmineoに切り替えて本当によかったなと思っています。

自宅にWi‐Fiがあるので、通信速度の不具合などはあまり感じませんが、ただ外で使う際に少し遅いなと感じることもあります。

mineoの口コミその1

僕が格安SIMに乗り換えようと思ったキッカケは、元々は大手キャリアのKDDIの「au」利用していたのですが、月々の料金が5000円を超えていて馬鹿らしかったので、少しでも月々の利用料金を減らすために格安SIMに乗り換えることにしました。

契約した時期は昨年の10月ぐらいです。「au」から乗り換えた格安SIM業者名は「mineo」で、スマホ端末は購入せずにSIMカードのみの契約にしました。

契約したプラン名はmineoの「3G+音声」プランとなります。

僕の場合、乗り換える前の月々のスマホの通信料金はauのLTEフラットで、だいたい月々5000円程度でした。

格安SIMのmineoに乗り換えてからは、だいたい月々1600円程度になりました。今までの料金の三分の一となり、かなり安くなりました。

実際に使ってみた率直な感想としては、驚いたことに、「au」のような大手キャリアと全くもって、利用感は変わらないということです。
友人から「時間帯によっては遅くなることがあるみたいだよ。」とは聞いていたのですが、都心部で生活しているせいか、特に不便に感じたことはありません。
スピードも問題なく出るので、youtubeなどの動画も普通に見れますし、電波のつかみも全然問題ありません。

やはり乗り換えて良かったことは、月々の料金が格段に安くなったことです。もっと早く格安SIMに乗り換えておけばよかったなあと少し後悔しています。

その他、格安SIMを使ってみて初めて気が付いたことや、こうしておけばよかったと思った事は特に思い当たるところがないくらい、このmineoの格安SIMはすばらしい使い心地です。

僕は心から乗り換えて本当に良かったと思っています。

ファミリー向け格安SIMならmineoがおすすめ

格安SIMを使っている友人が「格安SIMだけど、全然問題なく使えているよ。月額料金も大手キャリアに比べると全然安いから、あなたも使えばいいのに。」と、評価していたことをきっかけに、もともと「格安SIMの電波なんて、安定していないに決まっている!」というイメージを持っていた私ですが、ちょっと考え直して「試しに一度乗り換えてみよう」と決意しました。

そして昨年の10月から意を決して格安SIMのmineoに変更してみました。
私が契約したプランは「3ギガのコース」です。普通の電話を気軽にかけることは残念ながら、あまりできなくなりましたが、おすすめのアプリとLINE電話やスカイプなどのアプリを使ってのネット電話で、どうにかなっています。

私の場合、格安SIMに乗り換える前はauで5ギガのプランでした。
なので格安SIMに乗り換える以前の通信費はとても高く、月々のスマホの通信料金が8000円~10000円だったのですが、今のmineoは2000円くらいと四分の一くらいまで、安くなりました。

たま~に電波が繋がりにくいかな? と思うこともありますが、基本的に電話とツイッターくらいしか利用しないので、あまり不便を感じることもありません。
自宅ではインターネットからWiFiの無線を飛ばして繋げているので、ゲームをしてもパケット数を気にすることもなく、全然問題ありません。

外でもちょっとくらいゲームをしても大丈夫でした。
格安SIM乗り換えて良かったと思うところはなんと言っても料金ですね。5000円以上もランニングコストを毎月下げることが出来たのは、とてもありがたいことです。
お陰で家計にちょっと余裕ができてきました。
ただ、使ってみて1つだけ元のauが良かったと思うところがあります。
それは5分以内の通話なら通話料無料になるプランがあったことです。今のmineoはちょっと電話しただけで、結構通話料がかかるので、その点は気軽に電話しにくくなった所がちょっとマイナス面です。
こちらもおすすめ:格安SIMのランキング比較サイト|格安SIM各社の口コミも紹介