mineoの口コミその2

節約のため20年間の長い間契約していたドコモを解約し、mineo(ケイ・オプティコム)という会社の格安スマホに移行しました。

情報をインターネット等で集めて、自分で切り替え作業をするのが少し不安でしたが、携帯代がドコモに比べて1万円近くも節約できる計算だったので、自分で何とか調べながら手続きをしました。

まずはドコモの解約にひと手間かかりました。
妻の私が家族で使っているファミリー割引のメイン回線になっていたので、回線のメインを夫に変更し、自宅のドコモ光とのセット割も一度切り離す手続きをして、ようやくMNP予約番号をゲットする事ができました。

その後、amazonでmineoの切り替えの際の割引パスワードを909円で購入し、mineoの「Dプランデュアルタイプ」というプランを申し込みました。

たくさんある格安SIM会社の中から私がmineoに切り替えた最大の理由は、私が申し込みした当時は「半年間基本料金が半額!」というなかなかお得感があるキャンペーンをしていたことと、いずれ「ファミリータイプ」なども充実してくる感じがあったので、ネットの口コミも参考に格安SIMmineoを選びました。

また我が家の近くにPCデポがあるので、何か不明点が出た場合はmineoの相談窓口として行けるのもありがたかったです。

格安SIMの難点は、多くの格安SIM会社が基本的に店舗がないのでスマホが壊れたり、操作が不明な時にどうすればよいのか、わからなくなってしまうところだと思います。
なので自分がスマホの知識をつけ、情報収集を徹底すれば何とかなると思って切り替えたのですが、夫はドコモのまま残してもらおうと思っています。

というのも仕事で電話を使うので、電話代を考えるとドコモの方がよいことと、子どもたちがいずれ子供用の「キッズ携帯」を持ったときに、ドコモ同士でないとGPS機能が使えないので、夫は仕事、家族的にドコモのまま、私は節約の一環で格安スマホにしたという感じです。

実際、格安SIMのmineoに切り替えてから通信費用の金額は驚くほど下がりました。
今まで12000円くらいかかっていましたが、なんとmineoからの請求額は初回はたったの「798円」でした。

通話は「楽天電話」というアプリを入れたことによって、「30秒10円」で利用していますが、私の場合ほとんど使わない(ネット閲覧がメインで友人とはLINEでやりとりが多い)ので、合わせても1000円くらいです。

ドコモに比べてなんと1/10に節約できたことを考えると、キッズ携帯の問題や、LINEのID検索ができないこと、店舗がない分知識が必要になる点などを差し引いても、格安スマホのmineoに切り替えて本当によかったなと思っています。

自宅にWi‐Fiがあるので、通信速度の不具合などはあまり感じませんが、ただ外で使う際に少し遅いなと感じることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です